企業の成長戦略のフレームワークを活用して成長の方向性を定めよう!

この記事は2分で読めます

企業をもっと成長させたい!と思っている経営者の方は多いと思います。しかし、やみくもに成長させようとしても効率が悪く、時として失敗する可能性も高くなってしまいます。そんな時に活躍するのが成長戦略のフレームワークです。

著名な戦略家であるアンゾフが提唱した成長のためのフレームワークを使って、企業を成長させましょう!

 

企業には成長する局面が4つある!

企業には成長する局面が4つある!

アンゾフによれば、企業には4つの成長局面があります。

1つ目は「市場浸透」で、これは既存の市場で既存の製品やサービスをさらに浸透させていく戦略です。
2つ目は「市場開拓」で、これは新規市場を開拓することによって、企業の成長を促していく戦略です。
3つ目は「製品開発」で、これは新製品や新しいサービスを開発することによって、既存市場で成長していくための戦略です。
4つ目は「多角化」で、これは新製品や新しいサービスを、新しい市場で売り出していくことによって成長させる戦略です。

これら4つの局面のうちのどれかを選んで、その局面で企業を成長させていくのが効率的な成長戦略となります。

 

「市場」と「製品」の軸で考えよう!

「市場」と「製品」の軸で考えよう!

アンゾフの成長戦略は「市場」と「製品」の軸で考えます。まず市場を「既存市場」と「新市場」、製品を「既存製品」と「新製品」に分けます。この場合、「製品」にはサービスも含まれると考えてください。これらを組み合わせて戦略の方向性を決めていくのです。

組み合わせの例として

たとえば、「既存市場×既存製品」であれば「市場浸透」戦略です。
「新市場×既存製品」であれば「市場開拓」戦略。
「既存市場×新製品」であれば「製品開発」戦略。
「新市場×新製品」であれば「多角化」戦略となります。

これらをマトリックスにして「アンゾフの成長マトリックス」と呼ぶこともあります。この成長のためのフレームワークを使えば、企業がどのように成長していくのかを定めることができます。どの戦略を採用するのかは市場調査によって決定します。

 

まとめ

アンゾフの成長戦略のフレームワークを活用しよう!

いかがでしたでしょうか。企業を成長させようとするときに、やみくもに成長させようとしても成長の方向性を間違ってしまう可能性があります。しかし、アンゾフの成長戦略のフレームワークを活用すれば、正しい軸で成長の方向性を定めることができます。

経営環境の変化のスピードが速く、先読みのしにくい現代においては、正しいフレームワークに沿って成長戦略を考える必要があるのです。このフレームワークを使って、正しい努力をすることで企業の成長を加速させましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ビジネスで会計に携わる人に役立つ資格とは?
  2. 経営コンサルタントに学歴は必要なのか?
  3. コンプライアンスを守ることは企業経営にとってどのような意味を持つのか?
  4. 独立して開業するならフランチャイズがオススメ!
  5. ネットビジネスで副業を始めるのは意外に簡単!?初心者でも始められるネットビジネス
  6. ネットビジネスには何がある?開業したい人なら知っておきたいネットビジネスの種類
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.