実践で使える初級ビジネス英単語 No.1~3

この記事は2分で読めます

実践で使える初級ビジネス英単語 No.1~3

グローバル化が進む昨今の日本では、多くの日本企業が外国の企業や顧客とグローバルに関わっていく場面が増加傾向にあります。そんな中、英語が苦手な日本人は外国の企業に比べたら苦労する機会は多いでしょう。

それでも英語が必要な時代に突入している今、少しでもビジネス英語を覚える必要があります。今回は、英語初心者用の初級ビジネス英単語、No.1~3です。

 

Department(部署)

Department(部署)

ビジネスの場面で、英語で会話するのに必要な単語はたくさんあります。そんな必要な単語の一つは、部署を意味する”Department”という単語です。取引相手担当者の部署、自分の部署など、必ずと言っていいほど会話に出てくる単語なので覚えておいて損はないでしょう。

以下に基本的な部署名の例を記載します。

・Sales Department(営業部)
・General Affairs Department(総務部)
・General Accounting Department(経理部)
・Public Relations Department(広報部)

 

It’s pleasure to meet you.(お会いできて光栄です。)

It's pleasure to meet you.(お会いできて光栄です。)

ビジネスの場面で挨拶はとても重要です。特に英語では”Hello”や”How are you”など何通りもの挨拶があるので、ある程度複数の挨拶を使いこなせることが鍵となります。そんな中でも特に、目上の人に使える挨拶は”It’s pleasure to meet you.”(お会いできて光栄です)です。相手に敬意を払いつつも挨拶の役割も果たしますので、とても便利な一文です。

 

Arrange a meeting(ミーティングの調整)

Arrange a meeting(ミーティングの調整)

外部の企業の人と関わる場合は、ミーティングを設定する場合が多いでしょう。そんな時に使えるのは”arrange a meeting”というミーティングを調整するという意味のフレーズ。相手先にミーティングをお願いしたいときは、”Can we arrange a meeting?”(ミーティングをお願いできますか?)とシンプルに使うことができます。

さらに、部下や目下の人に調整をお願いするときは”Can you arrange a meeting with Jordan?”(ジョーダンとのミーティング設定をお願いできる?)と応用できます。時間を指定する場合は語尾に時間を指定するだけで簡単に使えます。このように、このフレーズを覚えるだけで様々な場面で使いこなせるようになります。

 

まとめ

英語な苦手な日本人はどうしても今まで英語を使う場面を避けてきた人が多いと思います。でもこれからの日本はグローバル化になっていきますので、英語をビジネスで使う場面は避けられないのは事実。最初は難しいかもしれませんが、基本的な単語やフレーズを覚えて実践していくことによって少しずつ英語スキルが身につき、社内でも腕利きの社員になれる日も来るでしょう。

そのためには、できるだけ早く英語の習得を始め、少しでもチャンスがあればどんどん自分から英語を使っていくことが大事です。所属部署の紹介、初めてお会いした方への挨拶、ミーティングの調整依頼の場面に使ってみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アンカー効果って何?売り手も買い手も判断ミスや失敗をなくすために知っておきたい心理効果
  2. 国家資格は一覧化されている?国家資格とはそもそも何か?
  3. 頭のいい人の特徴をつかんで自分のものにするために
  4. オンラインの英会話学習は有効?
  5. クリエイティブシンキングってどんなもの?フレームワークから飛び出そう
  6. プロフェッショナルという言葉の持つ本当の意味とは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.