中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?

この記事は2分で読めます

中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きとは何か?

「若者の車離れ」という言葉をよく聞くようになりました。しかし、自動車業界全体が苦戦している今がチャンスだと、これから中古の車屋を経営しようとしている方もいると思います。

ここでは、そんなビジネスマインドが旺盛な方に向けて、中古の車屋の経営を始める前に知っておきたい4つの手続きをご紹介します!

 

古物商許可申請をしよう!

古物商許可申請をしよう!

中古の車屋を経営するためにまず必要な第1ステップは、古物商取引の許可申請をすることです。警察署に「自動車商」の古物商許可を取りに行きましょう。許可を受けるためには審査があり、書類を提出することも必要となります。ですので、不安な場合には専門家に相談することもおすすめです。

 

オートオークションに入会しよう!

オートオークションに入会しよう!

中古の車屋の経営を成功させるには、オートオークションに入会しておくことが大切です。オートオークションとは、中古車の卸売市場のことです。これに入会しておくことにより、仕入れや在庫の売却などが楽になります。いくつかありますので、条件次第で良いと思ったものに入っておくと良いでしょう。

前述の古物商許可証を取得して1年以上経過していないと入会できないものなどもありますので、こちらと合わせてやはり古物商許可申請は早めにしておきましょう。

 

自動車リサイクル法引取業登録をしよう!

中古車を販売していると、下取りの機会や、廃車となる車を引き取ることも考えられます。お客さんとの接点を少しでも多くするために、引き取りサービスはとても大切です。その時に「引取業」を行うためには、県知事や保健所で営業所を登録する必要が出てきます。中古の車屋経営を成功に導くためにも、ぜひ自動車リサイクル法引取業登録をしておきましょう。

 

自賠責保険の代理店登録をしておこう!

自賠責保険の代理店登録をしておこう!

中古の車屋を経営していると、前述した引取業のほかにも、自賠責保険への加入手続きを取り扱うことがよくあります。当然のことながらこれも義務というわけではありませんが、自賠責保険の代理店登録をして依頼に応えることによって、顧客満足の向上につながりますので、登録しておくことをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは、中古の車屋を経営する際に重要な項目を4つ取り上げました。古物商取引許可申請は必須のものですが、残りのものももはや必須と言って良いぐらい大切なものです。これらは中古の車屋を経営するのに必要なインフラと考えましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コホート分析とは何か?マーケティングにどう利用する?
  2. 業務を効率化するために無駄の見える化を!
  3. リテンション分析とは何か?効率良く集客しよう!
  4. 在宅で出来る3つの副業
  5. 世界のMBAのランキングはどうなっているのか?日本のMBAは?
  6. シャルパンティエ効果って何?心理学をビジネスに活かす方法
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.