経営戦略と事業戦略の違いを徹底解剖!

この記事は2分で読めます

経営戦略と経営戦略の違いを徹底解剖!

経営戦略と事業戦略、この2つの戦略は言葉の上では似ていますが、その内容は全然違うものです。しかし、2つの戦略を混同して使ってしまっていたり、違うことはわかっていても、なんとなくしか理解していない人も多いようです。

ここでは、経営戦略と事業戦略の違いについて、絶対に抑えておきたいポイントをお話したいと思います。

 

経営戦略とは何か?

経営戦略とは何か?

まずは経営戦略についてお話します。経営戦略とは、ざっくり言えば会社全体の戦略のことを指します。全社規模で考えなければならないことは、究極は企業の存続です。

どんなに崇高な理念を持っていて、どんなに素晴らしい理想を掲げていても、倒産してしまったら元も子もありません。そこで、企業の経営資源であるヒト・モノ・カネ・情報をどのように配分して、企業の存続、また発展をしていくかを決定したものが経営戦略となります。

 

事業戦略とは何か?

事業戦略とは何か?

では次に、事業戦略とは何なのかということですが、事業戦略は、経営戦略よりも少しミクロなレベルでの戦略です。企業は製品やサービスごとに様々な事業部を抱えています。その事業部ごとに競争市場は異なり、すべて同じ戦略で通用するほど市場は甘くありません。

従って、各事業部ごとに個別の戦略が必要になります。その事業部で市場調査をして、製品やサービスをどのように売り込んでいくかを定めた戦略のことを事業戦略と言います。

 

経営戦略と事業戦略はリンクしている!

経営戦略と事業戦略はリンクしている!

ここまで経営戦略と事業戦略についてそれぞれ説明してきました。経営戦略の方が事業戦略に比較して広い視点に立って戦略を決定します。しかし、これは経営戦略の方が大切であるというわけではありません。経営戦略がなければ資源配分はめちゃくちゃになり、核となるところに人材や資金を投入できません。

一方で、事業戦略がなければせっかく配分した資源を効果的に使うことはできなくなってしまいます。従って、両者は優劣をつけられるものではなく、相互補完的なものなのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は経営戦略と事業戦略の違いについてお話しました。

両者はマクロとミクロの戦略ということができ、相互補完的なものであるということを理解していただけたでしょうか。当然、会議では2つの戦略は区別して話し合われます。 従って、マネジメントの方にとってはこの2つをきちんと区別しておくことが必須となるでしょう。ぜひ、両戦略の違いを理解して、今後の経営に役立ててください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハインリッヒの法則を知ってミスや危険から身を守ろう!
  2. プロフェッショナルという言葉の持つ本当の意味とは?
  3. 弱者が市場で勝つ戦略とは!?
  4. 経営戦略のフレームワーク!ぜひ知っておきたいバランスト・スコアカードとは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.