カテゴリー:仕事術・時間術・学習法

  1. 経営心理学に学ぶ交渉に役立つ6つのテクニック!

    経営心理学という言葉が最近ビジネスの現場でもよく聞かれます。経営心理学とは、経営に心理学の知見を活かそうというものです。心理学をマーケティングの分野に応用した学者であるチャルディーニ氏が書いた『影響力の武器』は、ロングセラーとなっています。…

  2. 経営マネジメントに役立つ資格とは?検定を受けてキャリアアップしよう!

    「今まではただ指示された業務をこなしていただけだったけど、管理職になったらもっといろいろ勉強しなきゃ…でも、何をどう勉強していいのかわからない」こういった悩みを抱えている人は多いと思います。 そこでご紹介したいのが「マネジメント検定」…

  3. 業務を効率化するために無駄の見える化を!

    業務を効率化するために無駄をなくせ!としきりに言われる昨今ですが、では何が無駄なのかと問われると明確な答えを出すことができないことが多いものです。 そこでまず無駄とは何かを知り、それから無駄を見える化して行くことが必要です。まずはたとえ話…

  4. 管理会計の知識を持っていることは、キャリアアップにとても役に立ちます。しかし、管理会計の知識を身につけていることをどのようにアピールすれば良いのでしょうか。また、管理会計についてどのくらい知っていれば、一定の知識水準があると自信を持つことが…

  5. リテンション分析とは何か?効率良く集客しよう!

    「リテンション分析」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?リテンションとは「顧客維持」とも言われますが、一度来ていただいたお客さんに、また来てもらうためにはどのようにすれば良いのかを探る分析手法です。ここでは、リテンション分析とは何か?、…

  6. メンタル心理カウンセラーになるには

    心理カウンセラーという、近年注目度が高まっている職種があります。一口に心理カウンセラーと言ってもいろいろな種類があり、中でも一番有名なのが臨床心理士でしょう。例えば「千里眼」や「万能鑑定士Qの事件簿」などで有名な、作家の松岡圭祐が元・臨床心…

  7. MBAという言葉をよく聞くようになりました。ご存知の方も多いと思います。MBAは「Master of Business Administration」の頭文字であり、日本では経営学修士と呼ばれています。経営学のカリキュラムを大学院修士課程の…

  8. 私達は何かを考えるという行為を自然に行っています。しかし、考え方には特徴があり、考えなければいけない内容によって向いている思考法というものがあります。原因や結果、数量やデータなどに基づいて推論をするロジカルシンキングは一般的な思考法ですが、…

  9. クリエイティブシンキングってどんなもの?フレームワークから飛び出そう

    経営や営業の戦略を考えていくためには、勘だけで動いてはいけません。実際の根拠に基づき、論理的に推論をしていくことで、結果を得られるような方法に辿り着くことができます。しかし、論理的な思考は重要なのですが、時は柔軟な発想によって、今までなら思…

  10. イシューツリーって何?仮説証明と思考法について

    物事を考える時、頭の中で考えるだけの時もあるでしょう。しかし、原因や結果、過去のデータなどに基づいて順序立てて論理的に考えるロジカルシンキングでは、イシューツリーというものを使います。それでは、イシューツリーとは、どのようなものなのでしょう…

RETURN TOP
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.